白内障日帰り手術・白内障・緑内障・飛蚊症・糖尿病疾患・ドライアイ・各種治療

大阪府大阪市西淀川区柏里2-8-14

緑内障もりの眼科診療所

予約サイトページ

予約専用電話番号

050−5305−6471            

メニュー欄
診療科目紹介メニュー
緑内障
飛蚊症
糖尿病疾患
角結膜疾患・その他
一般外来
白内障日帰り手術メニュー
白内障とは
白内障手術の概要
白内障手術の流れ
手術後の注意点
医院紹介メニュー
医院理念
院長紹介
医院案内
アクセス地図
患者様の声メニュー
患者様の声
おすすめリンク集メニュー
おすすめリンク集
お問い合わせ

■ 緑内障とは ■

◆ 80%の人が潜在患者

 緑内障は、白内障とならんで眼の病気の中で最も多いものです。「眼の成人病」とも呼ばれ、40歳以上の30人に一人が緑内障であると報告されています。
 緑内障は一般に眼圧(眼球内の圧力)の上昇にともない視神経がおかされる病気であり、多くの場合本人が気付かないうちに、非常にゆっくりと視野(見える範囲)が狭くなっていきます。そのため、発見が遅れるケースが多く、緑内障患者の80%が病気に気づいていない潜在患者と言われています。

◆ 緑内障の症状は

 緑内障は慢性の場合と急性の場合で症状は異なりますが、慢性の場合は徐々に進行していくため本人は気付かず、視野が狭くなってきたと感じた時には緑内障が進んでいます。そのため、初期段階での視野検査、眼圧検査が欠かせません。
 また、「何となく眼が重い、疲れる、不快感がある」といった症状がある場合もあります。
 急性の場合には眼圧が急激に上がるため、眼の充血や激しい頭痛、吐き気が突然起こります。眼科で早急に処置しなければ障害を残す恐れもありますので、注意が必要となります。

■ 緑内障の治療・検査方法 ■

◆ 緑内障の治療方法には以下があります。

 緑内障の治療には3種類ありますが、その基本は眼圧を下げることです。眼圧を下げることにより緑内障の進行をとめられる場合が多いからです。眼圧を下げる為に通常、主に目薬を用います。最近は体への副作用が少ない眼圧下降効果の優れた目薬が多数開発されております。
 目薬を点眼し忘れると、眼圧が上昇し視神経が障害されることがあるので、必ず医師の処方・指示に従い、規則正しく点眼して下さい。
 薬が効かない場合は、レーザー治療や手術が行われます。

◆ 緑内障の検査方法には以下があります

 緑内障の検査として、眼圧検査、眼底検査および視野検査を定期的に実施します。また、緑内障の種類を確定するために隅角検査を行います。
 緑内障は家族内発生のみられることがあるため、皆さんのご家族(血縁者)に緑内障の方がいらっしゃる場合には、検査を受けることをおすすめします。緑内障によって、一度失われた視野は回復しないため、早期の発見が非常に重要となります。